知っておきたい!少人数結婚式のメリットと注意点

少人数結婚式の規模はどれぐらいか?

結婚式というと大人数の招待客が集まるというイメージがありますが、最近では、40名以下という少人数で結婚式を行うというケースが増えています。費用を抑えられることや、アットホームな式にできるといった理由によって支持されており、少人数の結婚式に対応した式場も多くなっています。招待客の人数については、親族や親しい人だけに招待客を限定した40名程度の場合から、新郎新婦の2名だけ(招待客なし)で行うという場合まで、さまざまあります。

少人数結婚式のメリット

少人数で行う結婚式のメリットとしては、まず「アットホームな雰囲気で式ができる」ということが挙げられます。招待する人は、家族や親族、そして友人といった親しい人たちだけに限定されるため、それほど気を使わなくて済みますし、少人数だと新郎新婦と話などをする時間も増えるでしょう。他にも、招待客の人数が少ない分「費用を安く抑えることができる」ということや、コンパクトな形の結婚式なので「準備期間が比較的短くて済む」といったメリットもあります。

少人数結婚式の注意点

ただし、少人数で行う結婚式の注意点としては、まず「結婚式へ招待できなかった人への配慮が必要になる」ということが挙げられます。大規模に行われる一般的な結婚式であれば招待されるような立場の人たちに対しては、少人数結婚式の趣旨などを説明する必要があります。また、少人数での結婚式は、アットホームな雰囲気を楽しめる反面、盛り上がりに欠けるといった状況にもなりやすいため、「演出についてもしっかりと考えておく必要がある」と言えるでしょう。

少人数での結婚式の利点は、仲の良い友人や知人のみを集められ、尚且つ結婚式の費用も抑える事が出来るので、自分に合ったより良い結婚式を堪能する事が出来ます。