あなたはどんなものが好み?人気の高い婚約指輪のデザイン3選!

最もスタンダートな、一粒ダイヤモンド

様々なデザインがある婚約指輪、あなたはどんなものを選びますか。一生ものとなるのですから、一番気に入ったデザインを選びたいところかと思います。今回、女性に人気の高い婚約指輪のデザイン3つについてお話ししましょう。まず、最もスタンダートとされる、リングの中央に一粒のダイヤモンドをあしらったデザインは、婚約指輪として一番の人気を誇っています。ダイヤが一粒だけなのでその存在感が出やすく、見ていてもその石に対して特別な感じがするものです。石の大きさを選べば派手すぎず、どんなファッションにでも合わせやすいデザインです。

小さな輝きが集合する、小粒ダイヤが並ぶデザイン

ダイヤモンド一粒だけというのも良いですが、小粒のダイヤがリング上に並んだデザインは、どの角度から見てもその輝きを楽しむことができます。石のサイズは一粒が小さいですが、それがリング上にずらりと整列するととても華やかです。デザインも様々で、ダイヤがリングを一周するように規則正しく整列しているものや、不規則に散りばめられているスタイルなど(これは少し珍しいデザインなので特に個性を出しやすいはずです)、予算や好みに合わせて幅広く選ぶことができます。

欲張りな人へ、大粒小粒ダイヤ両方をあしらうデザイン

欲張りな人には、ダイヤの大粒と小粒両方があしらわれた指輪がおすすめです。その代表的なデザインは、リングの中央には大粒のダイヤ、そしてその周囲が小粒のダイヤで取り囲まれているもので、これは指にはめているだけで大変ゴージャスで目立つデザインです。石の個数や位置などもバラエティ豊かで、婚約指輪として個性が出やすいといえます。大粒ダイヤの存在感と、散りばめられる小粒ダイヤの繊細な輝きといった、両方の長所を兼ね備えた優秀なデザインです。

婚約指輪とは、結婚を決めた男女間で、婚約の証として男性が女性へ贈る指輪のことです。一般的に宝石が付いており、変わらぬ愛という宝石言葉があることから、ダイヤモンドを選ぶのが定番となっています。