体型別紹介!結婚式で是非着たい、似合うドレス

ぽっちゃりさんの体型カバーするドレスって?

結婚式までに痩せたいと思うものの、間に合いそうにないというぽっちゃりさんは、ウエディングドレスの選び方で体型カバーをしましょう。まず二の腕が太くて気になる人は、やはり七分袖か長袖、もしくは半袖で長い手袋をするなどの工夫をすると良いですね。そしてドレスの形は、ウエストからふんわりと大きく広がったお姫様型のデザインであれば、スカートのエリア感に目がいくのであまり太さが気になりません。またおなかがぽっちゃり出ている人は、ウエストでの切り替えではなく胸元で切り替えのエンパイアドレスと呼ばれるデザインを着れば、ウエストの太さが強調されずに済むでしょう。

スリムな人がさらに美しく見えるのはこんなドレス!

スリムな人は是非とも、マーメイド型やAライン型などの体型を強調するドレスを着てみましょう。ボディラインはすっきりしていて、裾のみが大きく広がっているようなデザインであれば、スリム体型がより映えて美しいはずです。またあまりフリルやレースなどが付いていないシンプルなドレスも、スレンダーな人はセクシーに着こなすことができるでしょう。華奢すぎる人は、ノースリーブを着ると首や胸元が寂しく見える場合もあるので、インパクトのあるアクセサリーなどでカバーすると良いですね。

チャレンジしたいミニ丈ドレスが似合うのは?

近年、ミニ丈のウエディングドレスも見かけるようになりました。まるで妖精のようで、可愛らしいものですね。こうしたミニ丈ドレスが似合うのは、実は背の低い小柄で華奢な体型の方です。身長が低い場合、重心が上に来るデザインのドレスが似合います。ウエストに位置がやや上にあるミニ丈ドレスであれば、背が低くてもバランス良く映るでしょう。裾が短いおかげで重苦しくもなく、小柄だからこそ軽やかに着こなせるはずです。裾の丈はふくらはぎよりも上の物を選ぶようにしましょう。

大阪の結婚式場には様々なタイプがあります。一軒家タイプやホテル、個性ある部屋を何部屋か備えた式場、など。結婚式は、場所により、どのような式になるか、が決まります。選択肢の多さは憧れの世界への近道です。